• 文字サイズ A A A |

フェアトレード運動60年の歴史

世界のフェアトレード運動はいつ誕生しどのような形で広がりをみせたのでしょうか。下表は、フェアトレード運動60年間の主な出来事をまとめたものです。

出来事
1946年 アメリカのテン・サウザンド・ビレッジ(元セルフ・ヘルプ・クラフト)がプエルトリコから刺繍製品の購入を始める。
1950年代 イギリスのオックスファムGBが、中国の難民が作った手工芸品の販売を始める。
1958年 「フェアトレード」ショップ第1号店がアメリカで開店する。
1964年 オックスファムGBが貿易会社"Oxfam Trading"を設立。
1967年 オランダの輸入団体"Fair Trade Organisatie"が設立される。
1969年 「ワールドショップ」第1号店がオランダで開店する。
1960年代 Machakos District Co-operative Union、PEKERTI(インドネシア)、MINKA(ペルー)など、途上国でもフェアトレード団体が設立される。
1973年 オランダの Fair Trade Organisatieによって、グアテマラの小規模生産者組合より世界で初めて「フェア」にトレードされたコーヒー豆が輸入され、フェアトレード運動が、手工芸品だけではなく食料品にも広がる。
1980年代 オランダの教会が母体のNGOによって、フェアトレードラベルが考案される。
1987年 11のフェアトレード輸入業者をメンバーとするヨーロッパ・フェアトレード協会(EFTA)が設立される。
1988年 オランダで「マックスハベラー」ラベルが開始される。1年間で、ラベル付きコーヒーの市場シェアが約3%に到達。類似のラベル運動がドイツ(トランスフェア)、イギリス(フェアトレード財団)、米国などに広まる。
1989年 国際フェアトレード連盟(IFAT)が設立。世界61カ国の270のフェアトレード団体が加盟。
1994年 ヨーロッパ・ワールドショップ・ネットワーク(NEWS!)が設立される。
1994年 フェアトレード連盟(FTF)がワシントンDCで設立される。
1997年 国際フェアトレードラベル機構(FLO)が設立される。
1998年 FLO、IFAT、NEWS!、EFTAがそれぞれの頭文字をとって、FINEという非公式なネットワークを形成する。WTOの閣僚会議にフェアトレード運動から代表を派遣(1999年シアトル、2001年ドーハ、2003年カンクン、2005年香港)。
2001年 FINEが統一的なフェアトレードの定義に合意。
2001年 国際フェアトレード連盟(IFAT)の地域組織としてアジア・フェアトレード・フォーラム(AFTF)が設立。それ以降、アフリカとラテンアメリカでも生産者地域ネットワークが形成される。
2004年 ムンバイで開かれた世界社会フォーラムでIFATがフェアトレード団体マークを発表。
2004年 FINEがブリュッセルに合同フェアトレード・アドボカシー・オフィスを設立。
2005年 既存のフェアトレード基準、定義、手続きの調和・改善プロジェクト:品質管理制度(Quality Management System)が開始される。

出所:Business Unusual , Published by FLO, IFAT,NEWS! and EFTA, October 2006