• 文字サイズ A A A |

コーヒー

コーヒーコーヒー生産国のほとんどは、いわゆる開発途上国といわれる国々です。コーヒー豆の買取価格は、生産現場とは遠く離れたニューヨークとロンドンの国際市場で決められます。国際市場価格は変動が激しく、ここ最近はテレビなどでも報道されているように、投機マネーなどが流入し価格が高騰しています。しかし、マーケット動向の情報入手や市場への販売手段を持たない個々の小規模農家たちの多くは、中間業者に頼らざるを得ない状況にあり、時に生産や生活に十分な利益を得られず、不安定な生活を余儀なくされ、子どもを学校に行かせるだけの十分な利益を得られないということが起こってしまいます。

フェアトレードでは、個々の小規模農家がまとまり協働で生産者組合を作ることで、メンバー全員で生産能力を高める取組みをしたり、市場と直接つながり交渉力を身につけ組織を発展させていったり、フェアトレードの利益によって地域社会を発展させていくことができるようになります。国際フェアトレード基準では、生産者の持続可能な生産と生活を支えるために必要な「フェアトレード最低価格」が定められており、国際市場価格がどんなに下落しても、輸入業者は「フェアトレード最低価格」以上を生産者組合に保証しなければいけません。(例えば、アラビカコーヒーのフェアトレード最低価格は1ポンド140セント、有機認証のコーヒーだとさらに30セント上乗せ保証(2011年4月1日からの新価格基準))

さらに、1ポンドあたり20USセント(2011年4月1日からの新価格基準。以前の設定は10USセント)のプレミアム(奨励金)が輸入業者から生産者組合に保証され、それによって生産者組合は、自ら民主的に使途を決定して、生産技術の向上や機材の購入、または地域の小学校や病院の建設といった社会発展を実現させることが可能になります。例えばレギュラーコーヒー150g製品の場合、プレミアム金額は約8円。コーヒー1杯に換算すると0.6円程度。「たったのそれだけ?」と思われるかもしれません。しかし、コーヒー1袋、コーヒー1杯に換算すると小さな金額でも、通常コーヒー生豆は10トンとか100トンといった大きな単位で取引されますので、生産者組合が手にするプレミアムは40万円、400万円、というまとまった金額になり、生産地域の社会発展に大きな成果が表れているところも数多くあります。

フェアトレード最低価格とプレミアムの保証により、生産者は安定した生活を送り、環境に無理な負荷を掛けることなく良質な作物づくりに励むことができるのです。

日本で販売されているフェアトレード認証コーヒー