組織概要

設立の経緯

ドイツでフェアトレード・ラベル運動(ネットワーク名称:トランスフェア)の導入準備が進められていた頃、当時の代表マルティン・クンツ氏を訪問した松木傑牧師(日本福音ルーテル聖パウロ教会)によって、日本にフェアトレード・ラベル運動の考え方が導入されました。その後間もなくして、3つの団体が設立メンバーとなり、1993年11月「トランスフェアジャパン」が発足しました。

1997年、当時各国に展開されていた日本を含む14のラベル推進組織によって、アンブレラ組織「国際フェアトレードラベル機構 - Fairtrade International」が設立。2002年には、世界統一の国際フェアトレード認証ラベルが完成し、各国で順次、新ラベルへ切り替えられてきました。
日本では、新ラベルの導入と組織のNPO法人化にともない、2004年2月、団体名を現在の「フェアトレード・ラベル・ジャパン」に変更しました。

組織概要

団体名称 特定非営利活動法人 フェアトレード・ラベル・ジャパン (通称:フェアトレード ジャパン)
住所 〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町11-6 英守東京ビル3階  地図はこちら
電話・FAX 電話:03-5652-4846  FAX:03-5652-4847
URL http://www.fairtrade-jp.org/
設立 1993年11月6日(NPO法人化 2004年2月2日)
役員
  • 理事長 堀木一男
  • 理事  前田京子
  • 理事  樽本哲
  • 理事  高橋周一
  • 理事  大井祥平
  • 監事  沢田寛子
  • 監事  井上晃良
  • (2017年7月1日現在)
事務局 職員4名、契約3名、学生インターン数名
定款 特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン定款
事業内容

国際フェアトレードラベル機構(Fairtrade International)の構成メンバーとして、日本国内において次の役割を担っています。

  • ■国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業と製品認証事業
  • ■国際フェアトレード認証ラベルの普及推進活動
  • ■フェアトレードの教育啓発活動
  • ■国際フェアトレードラベル機構事業への参加
    (フェアトレード基準や方針の策定、生産者支援、資金調達等)
発行物 広報誌「FAIR spirits」(不定期)

 日本財団が提供する公益事業のコミュニティサイトCANPANでも、活動概要を紹介しています。 詳しくはこちらをご覧ください。

フェアトレードとは

フェアトレード ジャパンとは

生産者

製品紹介

参加しよう

認証の取得

資料

コンタクトフォーム
ページトップ